Vol.162 紫外線対策にはパウダーファンデーション

肌にやさしく確実なUVカット効果

UVケアといえば日焼け止め化粧品を思い浮かべますが、過信は禁物です。日焼け止めは、適量の使用量をきちんと守らないと、期待する効果が得られないということです。

日焼け止めのSPFの数値は、皮膚1㎠あたり2gmの日焼け止めを塗った時の効果として測定されています。これを顔全体に塗るとすると、だいたい500円玉くらいの量になります。

実際にこの量を守ろうとすると、肌がベトついたり白浮きしたりして大変です。だいたいその半分から1/5程度しか使っていない人が多いようです。つまり、今よりも何倍も塗らないと、期待した効果は得られないということになります。

毎日、日焼け止めだけを塗っていたのに、40代になって大量のシミが発生して、ショックを受ける人もいます。薄く塗れば効果がなく、適量を塗れば毛穴をふさいで肌に負担がかかります。また汗で流れれば効果は下がり、ウォータープルーフは汗には強いけど、肌に負担がかかります。結局は、日焼け止めだけに頼って紫外線防御をするのは難しいということになります。

日々のUVケアにパウダーファンデーション

日常の紫外線対策におすすめなのが、パウダーファンデーションになります。パウダーの粉の成分は紫外線散乱効果があるため、紫外線をはね返して、日焼け止めの効果と同様の効果を発揮します。

パウダーファンデーションを使った方が肌に負担がかからず、確実にUVカットできます。塗り直しも簡単です。

ファンデーションには、リキッドやクリームのものがありますが、ある程度の効果はあるものの、パウダーに比べると顔料(粉)の密度が低いので、日焼け止め効果は劣ります。

また、顔料に少量の油分を加えて練った、練り状のものもあります。その多くは固形で、コンパクトタイプかスティック状の形をしていて、パウダーファンデーションよりもカバー力があって崩れにくくなっています。

ファンデーションの代わりにフェイスパウダー

メイクの仕上げに使われることの多いフェイスパウダー(粉おしろい)は、ファンデーションの代わりに使いこともできます。敏感肌の人にもおすすめで、軽いカバー力とUVカット効果もあります。頬骨の高い部分は日焼けしやすいので、しっかり重ねづけしましょう。

つづく…

LINEで送る
Pocket

「Vol.162 紫外線対策にはパウダーファンデーション」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です