profile

小学校入学式の朝デビュー

小学校の入学式の朝の日差しは眩しかった。父親が自宅の庭先で晴れの衣装を着た私を、アサヒペンタックスのS2という一眼レフカメラで、何枚も撮影してくれました。

その時「今度はボクが撮るよ」と言って、そのカメラで両親を縦位置で撮影しました。

私が自らの意思で、初めてシャッターを切った日の記憶です。
 

写真という表現方法

写真は「記録的要素」が強いものです。動画と違って一瞬の出来事しか捉えられない不完全な手法です。

その一瞬の出来事は、撮影者が善意で撮れば、被写体の美しい姿が映し出され、悪意で撮れば醜い姿が映し出され、それは撮影者に委ねれれます。記録的要素が強くてもそこに映し出されたものが、必ずしも「事実」とは限らないのです。
 

表現者として

創作物としての写真は「事実と異なるもの」として存在する。

テーマに沿った撮影の準備を行い、遂行することを目指しています。あとから合成をして完成する作品は作っていません。それは撮影による「可能性を求めて」いるためです。

美意識を形に