「ナイアシン」カテゴリーアーカイブ

VOL.586 水菜と京揚げのしゃぶしゃぶ風鍋 〜冬メニュー③

今の時代は季節に関係なく、色々な食べ物が買えるようになりましたが、やはり旬の食べ物を意識したほうが、身体にもよく、お財布にやさしいでしょう。

白菜は冬野菜の代表格です。ビタミンC、カルシウム、カリウムなど含むので栄養のバランスが良い野菜といえます。さらに、ベーコンを入れてスープ煮にすると、白菜の甘味とベーコンのうま味とからみ合って、美味しくなります。

食欲がないときや、むくみが気になるときにもオススメです。白菜の代わりにキャベツを使えば、調子の悪いときに役立ちます。

材料(2人分)

水菜・・・1枚
京揚げ・・・1枚
カツオ節・・・適量
昆布・・・大さじ2
水・・・2カップ

作り方

①昆布とカツオ節でだしをとります。

②水菜はざく切りにし、京揚げはひと口大に切ります。

③だしにくぐらせていただきます。

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチン・タンパク質・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・ヨウ素・食物繊維

VOL.585 イワシのつみれ鍋 〜冬メニュー②

魚の骨をとるのはちょっと大変だけど、つみれは自分でつくるほうが断然おいしいから、頑張ってつくります。

そして冬は体を温めてくれる根菜類がたくさん出回っているので、ごぼうや長ねぎ、にんじんなど冷蔵庫にある野菜をどんどん入れて、熱々を食べます。

イワシは脂質の代謝を整えて健康な皮膚、髪、爪をつくるビタミンB2を豊富に含むほか、血液をサラサラにする効果もあります。また、鉄分も含まれているので、貧血でいつも顔色が悪いという女性にはオススメです。

材料(2人分)

イワシ・・・2尾
ごぼう・・・1/4本
にんじん・・・1/2本
大根・・・1/8本
しょうが・・・1/2片
出汁・・・5カップ

作り方

①イワシを3枚に下ろして、すり鉢ですります。

②生姜の絞り汁と刻んだしょうがを①に入れます。小麦粉を入れてねり、団子状に丸めます。

③ごぼうはささがきに、にんじん、大根は拍子切りにします。

④鍋にたっぷりの水を入れて③を入れて熱し、イワシ団子を一緒に入れて煮ます。全体に火が通ったら完成です。

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・ビタミンK・ナイアシン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチン・タンパク質・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・ヨウ素・食物繊維

VOL.584 白菜とベーコンのスープ 〜冬メニュー①

今の時代は季節に関係なく、色々な食べ物が買えるようになりましたが、やはり旬の食べ物を意識したほうが、身体にもよく、お財布にやさしいでしょう。

白菜は冬野菜の代表格です。ビタミンC、カリウムなど含むので栄養のバランスが良い野菜といえます。さらに、ベーコンを入れてスープ煮にすると、白菜の甘味とベーコンのうま味とからみ合って、美味しくなります。

食欲がないときや、むくみが気になるときにもオススメです。白菜の代わりにキャベツを使えば、調子の悪いときに役立ちます。

材料(2人分)

ベーコン・・・1枚
白菜・・・1枚
パセリ・・・適量
コンソメ・・・大さじ2
水・・・2カップ

作り方

①チキンかビーフのコンソメでスープをつくります。

②ひと口大手でちぎったベーコンをスープの中に入れてうま味をだします。

③手でちぎった白菜を最後に入れて軽く煮ます。

④塩、こしょうで味を調え、最後にパセリをを散らしたら完成です。

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンC・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・葉酸・カリウム・食物繊維

VOL.581 しらたきとさつま揚げの炒り煮 〜秋メニュー②

しらたきはカロリーがほとんどなく、食物繊維やカルシウム、そして肌の潤いに欠かせないセラミドを含んでいます。また、不足がちな魚の栄養成分はさつま揚げで補うことができる、切って炒り煮するだけの簡単レシピ。ボリュームを持たせたい場合は、ごぼう天を入れたり、鷹の爪や七味唐辛子で味付けのレパートリーが増えます。

材料(2人分)

しらたき・・・80g
さつま揚げ・・・2枚
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
油・・・小さじ1

作り方

①しらたきは軽く湯通ししてから、あら切りにします。

②さつま揚げを一口大の大きさに切ります。

③フライパンに①、②を入れてから煎りしてから油を加え、手早く炒めます。

④みりんとしょうゆで味付けをしたら完成です。

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・タンパク質・カリウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・ヨウ素・食物繊維

VOL.580 筑前煮 〜秋メニュー①

冷え性や頭痛を改善する鶏肉は、血行をよくして美肌づくりには欠かせないアミノ酸も豊富です。また、食物繊維が豊富なごぼう、新しい細胞を作るのに欠かせない成分を含むたけのこ、レンコンのビタミンCなど、肌にいい栄養がたっぷり摂れます。

材料(2人分)

鶏もも肉・・・100g
レンコン・・・1/4個
にんじん・・・1/2本
大根・・・1/8本
ごぼう・・・1/2本
たけのこ(水煮)・・・1/2個
こんにゃく・・・50g
厚揚げ・・・1/2枚
ちくわ・・・2本
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1

作り方

①昆布だしをとり、火にかける前に次の順番で具材を入れます。

②鶏もも肉は一口大の大きさに切ります。続いて皮をむかずに乱切りした根菜類、たけのこ、一口大の大きさにちぎったこんにゃく、厚揚げ、竹輪を入れます。

③根菜類に火が通ってきたら、酒、みりん、しょうゆを入れて、味を調えたら完成です

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・タンパク質・カリウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・ヨウ素・食物繊維

VOL.574 レタスの卵スープ 〜春メニュー③

よく眠れた日の翌朝は肌にハリがあるけど、よくなかったときはカサカサだったりと、睡眠と美容にはとても深い繋がりがあります。最近、気持ちよく眠れないという方は、心身ともにリラックスさせてくれるスープはいかがでしょうか。

卵には美肌づくりに欠かせないアミノ酸が、レタスには眠りを促してくれるラクッコピコリンが含まれています。パセリを加えると美肌効果がアップします。
同じ卵スープでも、カツオ出しに貝割れ菜やみつばを加えて和風に、コンソメにブロックリーまたはセロリで洋風に、中華スープにニラや豆苗で中華風に、味のアレンジをしてみてください。

材料(2人分)

A
レタス・・・1枚
卵・・・1個
寿司のり・・・1/2枚
パセリ・・・適量
スープの素(お好みの味で)・・・適量

作り方

①小さめの鍋に、好みの出汁でスープをつくります。

②溶き卵を入れます。

③食べやすい大きさに切ったレタスを加えてサッとゆでます。

④③を器に盛り付け、刻んだ寿司のりとパセリのみじん切りを加えたら完成です。

※卵のタンパク質と野菜のビタミンCで肌にハリを与えるコラーゲンがつくられます。ビタミンCが豊富な野菜と卵を組み合わせるのが効果的です。

このレシピで摂れる美肌栄養素

ビタミンA・ビタミンE・ビタミンD・ビタミンK・ビタミンB2・ビタミンB12・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチン・タンパク質・カリウム・リン・鉄・亜鉛