solearun のすべての投稿

Vol.191 体の中から若返る究極の若肌へ

根幹的アプローチ「体内美容戦略」

肌は体の状態を映し出す鏡のようなものです。体が若く健康であってこそ、若々しい美肌を保つことができるのです。

みなさんは若さや健康に自信がありますか?

これから体の内側から若返る秘訣を、4つほどご提案します。

・若さと美しさには欠かせない女性ホルモンのキープ

・肌の生まれ変わりを促す良質な睡眠をとる

・血管年齢を意識する

・ストレスを上手に消化する

これらを実践するための食事や睡眠、運動方法などのコツをご紹介します。体の外側と内側からのダブルケアで究極の若肌をめざしましょう。

つづく…

VOL.190 敏感肌の正しいケア方法

ちょっとした刺激が影響する敏感肌

化粧品にかぶれやすい、少しこすれただけで赤みが出やすいなど、ちょっとした刺激で肌トラブルを起こしやすい肌質のことを敏感肌といます。敏感肌にはアレルギー体質など生まれつきの要素も関係しますが、年齢とともに肌が敏感になってきたと感じるのであれば、セラミド不足が原因かもしれません。

セラミドは、前述したように、肌の水分を守る保湿物質です。セラミドが不足すると、肌の水分が逃げるだけでなく、外部からの刺激から肌を守るバイリア機能も低下します。こうした敏感肌を防ぐには、正しい保湿方法ですこやかな肌を育みましょう。

また、間違ったケアをして、敏感肌をつくってしまっている人もいますので、注意が必要です。洗浄力の強いオイルやリキッドタイプのクレンジング、日焼け止め下地、リキッドファンデーションなどが肌の乾燥を招いて、肌を敏感肌にしてしまうことがあります。

角質のバリア機能の働き

ターンオーバーが正常に行われている肌の角質は、角質細胞同士をつなぎとめるセラミドなどの角質細胞間皮質が充分にあります。それによってバリア機能が保たれ、外部の刺激をシャットアウトすることができるのです。

バリア機能が低下すると

ターンオーバーが低下すると、角質のセラミドが減少して肌の水分が失われます。こうなるとバリア機能が低下し、外部刺激が肌の奥まで入り込んでしまい、刺激に弱い肌になってしまうのです。

敏感肌の正しいケア方法

セラミド配合の美容液で保湿を強化する

敏感肌のバリア機能回復には保湿が一番大切です。最強の保湿方法は、セラミドなど水分と結合する成分を補うことになります。

クレンジング料は洗浄力がマイルドなクリームタイプを

クレンジング料は、洗浄力が強すぎない敏感肌用のクリームタイプがおすすめです。適度な硬さがあるもののほうが、肌をこすらなくて良いからです。

ファンデーションは肌にやさしいパウダータイプで

クリームやリキッドタイプのファンデーションは水分を含むため、顔料をその中に分散させるための界面活性剤や保存のための防腐剤が入っています。肌へのやさしさで選ぶのならパウダーファンデーションがおすすめです。パウダーが粉っぽくて苦手な人は、固形の練りファンデーションにしてみましょう。

極端に敏感に傾いたときは保湿中心のシンプルケアに

水もしみるほど肌が敏感なときは、クリームだけをつけます。UV対策は肌に刺激がある日焼け止め化粧品は避けて、パウダーフェンデーションかフェイスパウダーを使うようにしましょう。

VOL.189 ドクターズコスメはエイジングケアに効果的?

化粧品選びのなるほど Q&A 3

Q. ドクターズコスメはエイジングケアに効果的か?

A. 商売目的なのか治療目的なのかによって違う

ドクターズコスメは、医師が開発しているから効果が高いと思われがちですが、医師の名前を冠している化粧品でも、どこまで医師が成分についてわかっているかはケースバイケースです。なぜなら皮膚科の医師であっても、化粧品に詳しい人とそうでない人がいるからです。ただし、クリニックでの肌の治療の一環として開発されているドクターズコスメの場合は、市販の化粧品よりも高濃度に有効成分が配合されてものがあるのも確かです。

単なる商売目的のものと治療目的のものと見分けるための手がかりは、クリニックの方針などを見極めることでしょう。

Vol.188 オーガニックコスメは肌にやさしい?

化粧品選びのなるほど Q&A 2

Q. オーガニックコスメは肌にやさしいのでしょうか?

A. 敏感肌の人は避けたほうが賢明です

食の安全性が問われる時代のためか、化粧品もオーガニックがブームになっています。しかしオーガニックコスメは医学的には肌にやさしいとは言えません。植物エキスは化学構造が複雑なので、肌につけるとかぶれやすいのです。また日本ではオーガニックコスメに関する明確な規定がないので、添加物が多いものもあります。

肌にやさしいといえるのは、オーガニックではなくではなく、界面活性剤のような添加物を抑えた化粧品のことです。植物性エキスを含むものは、敏感肌の人は避けたほうが賢明です。

しかし、オーガニックというイメージは、精神的な癒し効果がありますので、日々のケアに取り入れてみたい人は、顔につける化粧品ではなく、ボディクリームやバスオイルを使ってみてはいかがでしょうか。それらはかぶれにくいので、雰囲気を楽しむのはよいかと思います。

つづく…

Vol.187 高い化粧品ほど効く?

化粧品選びのなるほど Q&A 1

Q. 高い化粧品ほど効く?

A. 化粧品である以上、効果には限界がある

化粧品の値段はかなりばらつきがありますが、値段と中身が比例するわけではありません。ただし、化粧品にも標準価格帯があり、ほとんどのアイテムが通常2,000〜5,000円くらいで、美容液などは3,000〜1万円くらいが標準でしょう。標準価格帯以下になると使える成分が限られてくるので、それよりも低いものは中身もそれなりということになります。

すでにご存知かと思いますが、化粧品の原料にもグレードがあります。たとえば同じヒアルロン酸やビタミンCでも、ランクの上のものと下のものとでは、効果や安定性に差が出ることもあります。同じビタミンC化粧水なら安いほうがお得というものでもありません。

しかし、何万円もする化粧品になると、材料費が高いから値段が高いわけではなく、それだけの研究がなされているという根拠のようなものです。ただし化粧品である以上(薬ではないので)効果には限界があります。効果を信じて投資をする場合は、高いから効くのではないので、自分でよく選ぶことが大切になります。

つづく…

Vol.186 エイジングケア化粧品を使うときの正しい順番はある?

エイジングケアなんでも Q&A 6

Q. エイジングケア化粧品は化粧水や美容液、クリームなどあるけど使うときの正しい順番はありますか?

A. 先に顔全体に使うものと水性のものから使う

エイジング化粧品には、化粧水のように顔全体に使うものと、アイクリームのように部分的に使うものがあります。部分使いの化粧品を先につけた後、その上から顔全体につけるものを使うと、先につけたものが広がってしまいます。よって顔全体に使う化粧品から先につけましょう。

また、化粧品を塗る順番は肌の上で混じりますので、それほど新家資質になることはありませんが、油溶性の化粧品を先に塗ると、水溶性の化粧品をはじきやすいので、水性の化粧品から塗ることをお勧めします。