Vol.161 ホームピーリングの方法

効果を上げる3箇条

・肌に赤みが出たら使用中止。刺激を感じたら少し弱めるようにして使う

・ピーリング後は保湿をしっかりすること。マッサージやパックなど、肌に刺激を与えそうなケアは2、3日控える

・紫外線の影響を受けやすくなるので、外出時には紫外線対策をしっかりとする

ホームピーリングの手順

ピーリング化粧品をTゾーンにのせる
手に適量のピーリング化粧品をとり、乾いた肌の上にのせていきますが、まずは顔の中でも肌が比較的強い部分の、額などを含むTゾーンにのせて、軽くマッサージをするような感じでなじませます。

肌が弱いUゾーンはキツネ指でなじませる
目元は中指と薬指の指先をくっつけて、キツネの顔をつくる「キツネ指」で、小さな円を描くようにしながらやさしくなじませます。

よくすすぐ
適切な時間が経過したら、ぬるま湯でよく洗い流し、肌をこすらないように注意しながら、タオルで水けをやさしく拭います。

しっかり保湿する
ピーリング後の肌は乾燥しやすくなっていますので、セラミドなど配合された保湿美容液をたっぷりつけます。

やりがちなNG方法

いきなりUゾーンにのせる
肌が薄くて弱いUゾーンには、ピーリング剤をのせておく時間をなるべく短くするために、最後に行うようにしましょう。

時間をかけすぎたり強くこする
ていないにするあまり時間をかけすぎたり、強くこすったりすると、肌に余計な刺激を与えることになりますので、注意が必要です。

体調が優れない時は行わない
寝不足のときや風邪ぎみのときは、肌の状態も悪くなっているので、トラブルが起きやすくなりますので、控えるようにしましょう。

敏感肌の人がピーリングをするためのコツ

・肌を水で濡らしてからピーリングを行う

・ピーリング化粧品を水で薄めてから使う

・使用時間を短くする

手づくりピーリング

ピーリング剤は、薬局で買える身近な材料で手づくりすることもできます。

材料
・クエン酸 10g
・精製水 100ml
・空き容器(熱湯消毒が可能なもの)

つくり方
熱湯消毒した空き容器に材料を入れ、クエン酸が溶けるまでよく混ぜます。

使い方
洗顔後、顔全体にピーリング剤を順番につけて、手でやさしくなじませながら30秒ほどおいたあと、ぬるま湯でよくすすぎます。慣れてきたら、すすぐまでの時間を1分ぐらいに伸ばしてもいいでしょう。

※クエン酸は、酸としては弱いので、手づくりピーリング剤でシワやニキビ跡まで薄くすることはできませんが、初期の小さいニキビやごく薄いシミには有効です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です