Vol.159 肌の老化にトータルに働きかけるピーリング

古い角質を除去して肌の再生を促す

肌の老化は、年齢とともに遅くなるターンオーバーと深い関係があります。

肌のターンオーバーが遅くなると、表皮はやせて薄くなり、逆に死んだ角質細胞の層が、どんどん厚さを増していき肌をくすませていきます。メラニンを排せつする作用も低下するので、シミやくすみがでやすくなっていきます。

こうした老化にトータルで働きかけるのがピーリングになります。ピーリングとは、酸などを使って、古くなった角質を取り除き、肌の再生を促す美容方法です。

あらゆる肌老化の改善に効果を発揮する
ピーリングは肌の代謝をアップさせ、肌の若返り効果を生み出します。真皮のコラーゲンを増やし、できてしまったメラニン色素の排せつを促す作用もあります。その結果、シミやたるみ、くすみ、毛穴の開きなど、あらゆる肌老化の改善に効果を発揮するのです。

ピーリングと聞くと、何となく怖いイメージを持たれている人もいるようですが、最近では安全な方法が確立されていますので、皮膚科ではニキビやニキビ跡、シミ、シワなどの治療に導入されています。

家庭用のやさしいピーリングもたくさん出ていますので、週に2回程度を目安に取り入れることをおすすめします。

つづく…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です