Vol.112 水虫のケア

薬をきちんと塗り続ける
水虫の原因は、白癬菌(ハクセンキン)というカビの一種です。不特定多数の人が歩くプールや温泉などでの感染例がよくみまれますが、このような場所に行った後は、よく足を洗っておきましょう。

もし水虫になってしまったら市販の薬でもいいので、両足の裏と足指の間にしっかり塗りましょう。一見治ったかのように見えても、皮膚の中で菌が生きていることがあります。半年間は根気よく薬を塗り続けましょう。綿のフットカバーや5本指靴下などをはいたりして、足を長時間蒸らさないようにすることも大切です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です