Vol.80 くまのタイプ別に食べるケア

青ぐまには鉄分と葉酸

青ぐまの予防には、血液をサラサラにする「葉酸」をとりましょう。また、血液中のヘモグロビンの材料となる「鉄分」も有効です。ヘモグロビンは酸素を運ぶので、血行を促します。

鉄分は、レンズ豆や鶏のレバー、高野豆腐、ひじき、しじみなどに豊富に含まれており、次いで、あさりやがんもどき、納豆、きざみ昆布、小松菜、ほうれん草などにも多く含まれています。

葉酸は、焼きのりや鶏のレバー、牛のレバー、豚のレバーなどに豊富に含まれており、次いで、菜の花や枝豆、モロヘイヤ、アスパラ、ルッコラにも多く含まれています。

黒くまにはスキンケア

たるみの黒くま予防は、食事で緩和するよりも、スキンケアの方が効果的になります。むくみには塩分を控えることと、大豆やはと麦が有効になります。

茶ぐまにはビタミンC

茶ぐまの予防には、シミケアと同様にメラニンの生成を抑える「ビタミンC」が有効です。少しづつでもいいので、1日数回に分けて補給をしましょう。

ビタミンCといえばレモンをイメージされやすいですが、赤パプリカや菜の花、ブロッコリーに豊富に含まれており、次いで、カリフラワーやゴーヤ、ピーマン、ミニトマトにも多く含まれています。
Vol.77 食べてシミケアを参照して。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です