Vol.95 ピーリングと保湿でくすみケア

角質肥厚が原因のくすみには

古い角質を取りのぞく
角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合には、本来は保湿ケアが必要なのですが、角質が硬くなった状態では美容液を塗ったとしても浸透しません。

いったん古い角質をピーリングによって取ることで、美容液などの有効成分が浸透しやすくなりますので、くすみを緩和することができます。

ピールングを行ったあとは、必ずセラミドなどの保湿成分を配合した美容液などで保湿しましょう。
 

肌乾燥のくすみには

保湿成分を充分に与える
乾燥した肌の角層は、グレーの色が強く出る傾向にあります。これらは冬に多いくすみの原因となります。

気温が低下すると血行が悪くなり、代謝機能が低下したり栄養や酸素が行き渡らなくなることで、乾燥してしまうからです。この場合は、保湿成分を与えることで緩和されます。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液などでケアすると、速い段階で肌が明るく見えるようになります。

つづく…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です