vol.7 光と影と 2

方法② ライトを使う
使うライトは何でもいいです。定常光ならビデオライト、最近ではもうLEDライトが主流でしょうか!?瞬間光ならカメラに接続できるストロボなど。屋外での撮影なので色温度も気にする必要はあまりないと思います。※LEDライトは色温度変えられるものも在りますのでご注意ください。

調光できるもの
一番大切なことは光量の調整ができることです。
ちょっとだけ多灯ライティングの話になりますが、2灯以上のライティングを組む場合、まずはメインの光源をどこにするのか?を決めます。今回の場合、屋外での撮影ですので太陽光がメイン光源となります。ライトの光を補助光として使うので光量が強いと不自然な仕上がりになる場合がある。ということです。

つづく…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です