「BEAUTY GRAPHICS」カテゴリーアーカイブ

Vol.18 クレンジング方法

正しい方法で
メイクを落とすプロセスは肌にとって一番負担になるものです。
まずクレンジング料は適量を使いましょう。適量は商品によって異なりますので、説明書を参考にしてください。量が少ないと摩擦が起きてしまいます。
そして肌に負担がかかりますので、なるべく短時間で終わらせるように。時間をかけすぎると肌のうるおいまで落としてしまうので、すすぎを含めて約1分間で終わらせるように心がけましょう。

まずはTゾーン
まずは適量の半分を手にとり、比較的皮膚の強い部分の額から鼻にかけてのTゾーンにクレンジング料をのせて、指の腹を使って軽くメイクアップ料となじませていきます。力を入れすぎると、角層に傷がつき肌あれの原因になります。

次にUゾーン
再び適量の半分を手にとり、アゴや頬のUゾーンにクレンジング料をのせて、手のひらで卵のカラを割らない程度の、やさしい力加減で軽くメイクアップ料となじませていきます。
小鼻は細かな凹みに入り込んだ汚れもしっかり浮かせるように、指を上下させながら、やさしくなじませます。

そして目元、口元
もっとも皮膚が弱い部分の目元や口元など細かいところにもクレンジング料をのばします。ここは特にやさしく、ていねいにメイクアップ料となじませていきます。
唇の下の凹みは汚れが残りやすいところなので、歯と唇の間に舌を入れて、盛り上がらせると馴染みやすくなります。指はクルクルと動かします。

最後に手早く洗い流す
クレンジング料は肌に負担がかかりますので、人肌程度のぬるま湯を使って手早く洗い流します。すすぐときの温度が熱すぎると、肌の乾燥をうながし、冷たすぎは油が固まって汚れが落ちません。
クレンジング後に多少のベタつきがあっても大丈夫です。続けて洗顔料を使って洗顔を行えば、ベタつきもキレイに落とせます。

ポイント
・ゴシゴシしない
・クレンジング料はケチらない
・時間をかけない
・熱湯や冷水ではすすがない

つづく…

Vol.17 クレンジング

クレンジングって?
どうしてクレンジングをするのでしょうか?クレンジングで落とすものは油性のメイクアップ料になります。そのため、メイクをしている日にはクレンジングが必要になります。

クレンジングの主な成分は油分と界面活性剤、その他です。
油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには、どうしても油分が必要になります。さらに洗い流すときの水と油分をなじませる役割として、界面活性剤が配合されています。
これらの油分、界面活性剤、水の配合量が変わることでオイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられるようになっています。

メイクに合ったクレンジング
クレンジングは形状によって刺激の強さが変わり、メイクの落ち具合にも特徴があります。では、何を基準に選べばいいのでしょうか?
ズバリ!メイクの濃さに合わせて使い分けることです。

メイクオフの強い方から順に、オイル>>クリーム>>ジェル>>ミルクとなります。メイクが濃いときにはメイクオフ力も強くないと落ちにくく、休日などメイクが薄いときには弱いものでも十分に落ちます。
ただし、メイクオフ力が強いものは肌への負担も大きくなります。

クレンジングの種類と刺激の強さ

シートタイプ
油分でメイクを浮かせるというプロセスを省略し、界面活性剤の洗浄力だけで落とすので、肌やの負担とダメージがかなり大きいです。さらに、拭くときにどうしても小さな傷をつけやすいのでご注意ください。

オイルタイプ
界面活性剤が多く含まれているので、メイクがサラッと簡単に落ちるのと、すすぎが早いところが人気の理由です。そのぶん肌への負担とダメージが大きいので、使用するのは特別メイクの濃い日だけにしたいところです。

ジェルタイプ
乳化していない透明のジェルタイプは界面活性剤が多く含まれるので、肌への負担は大きいです。

クリームタイプ
適度な油分を含み、メイクオフの力と肌へのやさしさを兼ね備えていますので、デイリーで使うのにはオススメです。

ミルクタイプ
肌にはやさしく水分が多いのでメイクオフ力は弱めです。またメイクとなじむまでに時間がかかるので、肌をこすってしましがちなので注意しましょう。

つづく…

Vol.16 デイリースキンケア

スキンケアチェック
毎日行っているスキンケアですが、他の人と比べているわけではないので、自己流で間違ったケアを続けている人が多いようです。
毎日のことなので正しい方法を知らずに続けていたら、せっかくの努力も効果半減です。まずは、日々のスキンケアをチェクして、正しいスキンケアを身につけましょう。

スキンケア ワーストランキング
・肌に合ったスキンケアアイテムを選べていない
・ゴシゴシこすりすぎている
・使用量が少なすぎる
・時間をかけすぎている
・ゾーン別のスキンケアができていない

自分が当てはまっていないか確認です。

肌の変化は一週間をめやすに
化粧品の効果は、一週間程度で何らかの結果が出るような成分を配合されていること、そして肌は一週間で角質の約半分が入れ替わりますので、ちょうどその頃から最初の実感が得られるようになり、楽しくケアが続けられるようになってくるのです。
この好循環がすこやかな肌を手にする秘訣となります。

もともと化粧品には3つの効果が出るように作られています。
1つめは使用直後に実感できる効果です。2つめは一週間から一ヶ月使い続けた後の持続使用の効果です。3つめは心理的効果です。本当に効くのかなぁ?って疑っていると、交感神経系などが微妙に影響して化粧品の効果が損なわれてしまいますので気をつけましょう。

つづく…

Vol.15 保湿ケア

化粧水だけではうるおわない
化粧水の構成成分は大部分が水なので、角質層の働きで肌の奥までは浸透しません。シートマスクを使ったとしても、角質の2〜3層までしか浸透しませんので、保湿の役割を果たすことはできないのです。

化粧水のうるおいは一時的
たしかに、化粧水をつけたあとは濡れますので一時的にはうるおった感じになりますが、すぐに乾いてしまします。スプレー式の化粧水をつける人もいますが、水分の蒸発とともに肌の水分も奪ってしまうのでマイナスの効果が働いてしまします。

乳液でフタに落とし穴が
いくら油分を塗ってカバーしても、セラミドなど水分保持力のある成分が少なければ、やっぱり肌は乾きます。
乳液は約50〜70%の水分と約10〜20%の油分とで構成されています。もともと水分のほうが多いので、水分の蒸発を防ぐのには物足りません。セラミドや保湿成分の入ったタイプを選ぶのがよいでしょう。

トラブル肌にも保湿
オイリー肌や大人ニキビ肌の人はベタつきや油分を必要ないと思い、化粧水だけですませてしまいがちです。保湿をしなければ、ますます水分が不足してしまい逆効果になります。肌はテカリが目立ってしまったり、角層のバリア機能の低下によりニキビもできやすくなってしまします。

洗顔料の保湿成分は意味がない
そもそも、洗顔料に含まれている保湿成分は、すすいだ時に洗い流されてしまいます。
市販の洗顔料にはしっとりタイプとさっぱりタイプがありますが、しっとりタイプには油分が含まれております。すすいだ後に油分が残るので、しっとりした感じがする仕組みです。しかし、油分が残ると毛穴に詰まったり、そのあとつける美容液などの浸透の妨げにもなりますので、洗顔は汚れを落とすことを目的としましょう。

つづく…

Vol.14 代表的な保湿成分

水分をはさみ込む

水分をサンドイッチ状にはさみ込んで、しっかりキープします。
代表的な成分はセラミドで、水分保持力は強力です。

セラミド
細胞間脂質の約40%を占めている物質です。水分を強力にはさみ込んでキープする特性が、湿度が下がった場合でも水分をしっかりキープできる最強の保湿物質。

スフィンゴ脂質
セラミド以外の細胞間脂質。保水力はセラミドよりも低い。

ステアリン酸コレステロール
こちらもセラミド以外の細胞間脂質。保水力はセラミドよりも低い。

水素添加大豆レシチン
大豆から抽出される成分。

水分を抱え込む

真皮にもともとある成分なのですが、これらを使った場合では真皮まで吸収されることはなく、角質内保湿の保湿として働きます。
気温が下がっても水分をかかえ込んだままキープしてくれます。

ヒアルロン酸
真皮にあるゼリー状の物質です。200〜600倍の水分を蓄えて、敏感肌の方にもオススメです。

コラーゲン
真皮では弾力を保つ働きを持ちますが、化粧品として配合される場合は、保湿成分となります。

エラスチン
こちらも真皮にある物質です。保湿力が高いために化粧品に配合されることもあります。

ヘパリン類似物質
血中のヘパリンという成分に水分含有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したものとなります。

水分をつかむ

天然保湿因子(NMF)
角質細胞内にある水溶性の成分(アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸など20種類の成分で構成されている)。保湿力は強くないが使用感がよいため化粧水に配合されている。

PG
多価アルコール。吸水性には優れるが保湿力は強くない。

つづく…

Vol.13 スキンケアの要 3

保湿の決め手
角層の中で強力に水分保持力を発揮するのがセラミドですが、残念なことに年齢を重ねるとともに減っていきます。
肌の新陳代謝の過程で作られるものなので、代謝が活発な赤ちゃん時代が最も多く、それ以降は次第に減っていきます。

セラミドはコレステロールのようなものでつくられていますが、コレステロールを食べたり、また直にセラミドを飲んでもセラミドは増えません。加齢で減っていくセラミドを体内でつくるのは、たいへん困難といえます。

そこで簡単に?セラミドを補えるように開発されたのが、セラミド配合の化粧品です。これを使えば確実に肌の水分を増やすことができます。

肌に近いもの
セラミドは水溶性の物質ではないので、化粧水ではなく美容液や乳液に配合されています。セラミドにも色々な種類がありますが、何よりも大事なのは人間の肌に近いものを選ぶことです。

人間の皮膚には6種類のセラミドがあることがわかっています。この内特に保水力が優れているのが、セラミド1、2、3で、このいずれかが入っているものを選ぶことが最優先となります。

最近では、植物由来などの肌にやさしいイメージのものや、類似品も多く出回っているようです。また、極端に安価なものは、有効成分が微量しか含まれていないこともありますので、購入前に全成分表示を確認するようにしましょう。
つづく…