Vol.49 ひどく乾燥したら

化粧水がしみる
乾燥がひどくなると肌のバリア機能が低下して肌荒れを起こします。化粧水がしみたり、かゆみを感じるときには、しみるものをやめて、ワセリンや刺激の少ないクリームなどで、水分の蒸発を防ぐことのみにとどめておきましょう。

肌が乾燥して荒れているときにも、紫外線対策は必要になります。クリームを塗ったあとに、パウダーファンデーションかルースパウダー(粉おしろい)を重ねるようにしましょう。これを1週間ていど続けると、肌は徐々に回復するでしょう。

アトピー性皮膚炎
もし乾燥と同時に、強いかゆみがともなったり、目のまわりだけ赤くカサカサになる場合は、アトピー性皮膚炎のおそれがあります。
アトピー性皮膚炎というと子供のころに発症するイメージがありますが、大人になってから発症する成人型アトピー性皮膚炎も増えています。ただの乾燥肌だと思っていたら、実はアトピーだったなんてこともありますので、下記の簡易チェックリストを使って気になるようでしたら、早めに皮膚科の受診をしましょう。

アトピー性皮膚炎の簡易チェック!
□目のまわりと首だけが赤い
□かきむしる、もしくは眠れないほどのかゆみがある
□季節の変わり目に症状が悪化する
□子供のころ、アトピーもしくはぜん息があった
□ダニかハウスダストのアレルギーがあると、いわれたことがある
□手の爪のつけ根部分がかゆくなる
□ひじやひざの内側に湿疹ができやすい
□描くと皮膚がグジュグジュになる

チェックの数が多いほどアトピー性皮膚炎の疑いが高くなります。
☑︎3〜5はやや疑いあり ☑︎6〜8はかなり疑いあり

つづく…

LINEで送る
Pocket

「Vol.49 ひどく乾燥したら」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です