Vol.65 食べてニキビケア

ニキビは体内バランスの乱れによって、毛穴がふさがれてしまう角化異常をおこすことから始まります。予防対策としては皮脂の分泌をおさえる食事がポイントとなります。

ビタミンB1、B2、E
ニキビ予防のために摂りたい栄養素は、毛穴ケアと同様に皮脂の分泌をおさえる効果をもつ栄養素、ビタミンB1、B2、さらにビタミンEもその一つになります。血流を改善することで、角化異常の発生や色素沈着を防ぐのに効果的です。

また、便秘もニキビの原因となりますので、スムーズなお通じのためにも、食物繊維を積極的にとりましょう。

オススメの食品
ビタミンB1、B2のオススメ食品については、vol.56 食べて毛穴ケアを参照してください。

ビタミンEは、抗酸化作用で老化現象を引き起こす体の酸化を防いだり、血管の健康を保ち血液をサラサラにして血液の循環をよくし、冷え性や肩こりの症状を改善したりします。血液の流れがよくなることにより、肌の潤いや張りを保てたり、紫外線に対する抵抗力をつけて日焼けから肌を守ったりします。血液中の中性脂肪を減らす役目もあります。アーモンドやツナ缶、たらこなどに豊富に含まれており、次いで、かぼちゃ、赤パプリカ、アボガド、ほうれん草などに含まれています。

食物繊維は、消化、吸収されずに、小腸を通って大腸まで達する成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの効能があります。おから、大豆、納豆、モロヘイヤなどに豊富に含まれており、次いで、キウイ、レンコン、長いもなどに含まれています。

つづく…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です