Vol.63 油分の少ないファンデーション

メイクアップ料の進化にともない、「メイクをしたからニキビができる」ということは、かなり少なくなりました。ただメイクアップ料の選びかたには注意しておきましょう。

油分がニキビを悪化させる
たとえば、油分の含まれているクリームタイプのファンデーションをつかうと、ニキビが悪化することがあります。とくにオイリー肌のひとは、パウダータイプのファンデーションか、ルースパウダー(粉おしろい)にとどめておきましょう。

どうしてもニキビの部分をカバーしたいというのであれば、コンシーラーをつかうのなら問題ありません。

化粧下地にも気をつかう
そのほかの化粧下地も油分を含んでいて、ニキビ肌には負担がかかるので、美容保湿液などを塗った上から、直接パウダー類を重ねて塗るのをオススメします。パウダーだけでは粉浮きしてしまう場合は、保湿成分が配合されているものなど、少ししっとりしているパウダーファンデーションを選びましょう。

つづく…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です