Vol.44 季節の変わり目

肌質の変化に対応する三つのキーワード 3

普段どおりのスキンケアをしても、季節の変わり目になると肌があれたり、不安定になったりすることがあります。こんなとき、どうしていいかわからず、むやみに化粧品を変えてしまう人も多いようです。

肌が不安定なときには
季節の変わり目でのトラブルは、肌の免疫力や抵抗力が低下していることが考えられますので、刺激の強い美白やアンチエイジングの化粧品の使用はひかえましょう。もし、化粧水などの水分の多い化粧品がしみるようでしたら、一時的に使用をやめて、クリームやワセリンなどの油分の多いもので、皮膚を保護するようにしましょう。


一週間程度、様子を見て落ち着いてきたら、セラミドなどの配合された保湿美容液をぬって、バリア機能を健全な状態に整えていきましょう。化粧品のアイテムは、肌に最低限必要なものたけを使うことが、肌荒れのときの”鉄則”となります。

もちろん、睡眠時間や食生活、ストレスなど日常生活も見直し、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です