vol.9 光のバランス 2

背景を活かしつつ人物もきれいに撮るためには、どう考えれば良いのでしょうか?

気になる背景
人物の顔に露出を合わせると背景がオーバーになってしましまう場合、どのくらい背景がオーバーになっているのか?逆に言えば、背景を活かす(残す)露出にすると、人物がどのくらいアンダーになってしまうのか?そこを見極めて補助光の光量を決めます。

適正露出
適正露出は撮影意図によっても変わりますが、今回の場合は人物も良好、背景も良好にして撮る、ということなので背景の露出に対して、人物の不足した光量を補助光で補うことが適正露出となります。

つづく..

vol.8 光のバランス

せっかくなので光のバランスのお話をします。

気になる影
補助光の量、強弱を決めるのは、被写体に落ちた影がどのくらいアンダーなのか?です。例えば、逆光で人物の顔を撮影をする時、太陽の影は人物の顔に落ちています。この時、露出を人物の顔に合わせれば問題はありませんが、実は背景がオーバー(明るすぎ)になってしまします。

気になる背景
撮影意図として「背景は吹っ飛んでイイよ!」と言うことであれば問題ありませんが、ロケ撮に出かけて背景どーでもイイならそこで撮る意味があるのでしょうか?

背景を活かした写真を撮るなら背景処理をどうするか?よく考えた上で丁寧な撮影をしていきましょう。

つづく…

vol.7 光と影と 2

方法② ライトを使う
使うライトは何でもいいです。定常光ならビデオライト、最近ではもうLEDライトが主流でしょうか!?瞬間光ならカメラに接続できるストロボなど。屋外での撮影なので色温度も気にする必要はあまりないと思います。※LEDライトは色温度変えられるものも在りますのでご注意ください。

調光できるもの
一番大切なことは光量の調整ができることです。
ちょっとだけ多灯ライティングの話になりますが、2灯以上のライティングを組む場合、まずはメインの光源をどこにするのか?を決めます。今回の場合、屋外での撮影ですので太陽光がメイン光源となります。ライトの光を補助光として使うので光量が強いと不自然な仕上がりになる場合がある。ということです。

つづく…

vol.6 光と影と

では、人物の顔をメインで撮るとして、影をどのように処理をするかお話しします。

補助光を使う
「vol.4 光源と肖像写真」でお話しした逆光、半逆光で撮影すると人物の顔がフラットな状態になります。やってみると解りますが、もう少し光量が欲しくなります。
また、背景の向きが変えられない場合、気になる影を抑えるための補助光が必要になります。
では補助光を得るために、どんな方法があるのでしょうか?

レフ板を使う
まずはレフ板です。レフ板は〇〇カメラ店で検索すると出てきますが、実際は代用できれば白のケント紙、白のスチレンボード、何でもいいです。
使い方は簡単。太陽と反対方向にレフ板を配置して、太陽光の反射光を人物に当てることです。

つづく…

vol.5 光源はどこに?

日中の撮影をするならば撮影意図にもよりますが、色温度が安定する正午前後が撮りやすいと思います。

俗にゆう”トップライト”での撮影です。
人物を撮影する場合、頭上からの光は下方向に影を落とします。髪の影、目元の影、鼻の影、頬の影、唇の影、顎下の影、衣装や小物、建物や風景からの影と「光あるところに影がある」なんて漫画みたいなセリフですが、本当のことです。
光が無ければ写真は撮れませんし、光が在れば必ずどこかに影が落ちるのです。

では、撮影者はこの影をどうしたらいいのでしょうか?

つづく…

Vol.6 肌体力と乾燥がひどいとき

ターンオーバーで生まれ変わる
表皮の一番下の基底層で新しい細胞が生まれ、28日くらいかけて角層へと上がっていきます。このサイクルが「ターンオーバー」です。絶えず細胞が入れ替わっているので健やかな状態に戻せるようになっています。

このターンオーバーが加齢により周期が遅くなったり、逆に早すぎたりすると健康な肌が保てなくなります。

肌の乾燥がひどいときは
乾燥がひどくなると肌のバリア機能が低下して肌荒れを起こします。化粧水がしみたり、かゆみを感じる時はワセリンや刺激の少ないクリームなどで水分の蒸発を防ぐことに留めておきましょう。

つづく…

Make a feels & Give to you