Vol.147 守りのエイジングケア2

肌の水分量を高める「セラミド配合化粧品」

セラミドは、表皮の角質細胞の間を埋めるように存在している保湿物質です。肌のうるおいを保つ働きをするセラミドは、表皮でつくられますが年齢とともに生産量が少なくなっていきます。

すると肌が乾燥して、カサつきや肌あれがおこりやすくなります。セラミドを配合した化粧品が保湿のカギとなります。

活性酸素から肌を守る「抗酸化化粧品」

老化のスピードを遅くするためには、活性っ酸素を抑制して肌の酸化を防ぐ抗酸化化粧品を使うことも大切になります。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です