Vol.64 私も知りたいニキビのあれこれ

Q. 男性ホルモンが多いからニキビができるのか?

A. 初期段階には男性ホルモンが関わっていますが…
大人ニキビができるのは、あごやフェイスラインなど、男性のヒゲの部分にあたるのでそう思われるのでしょう。

たしかに、ニキビの初期段階の角化異常には、男性ホルモンがかかわっています。しかし、本当に血中の男性ホルモンんが増えているのであれば、毛深くなったり、のどぼとけが出てきたりなど、男性化の兆候が現れるはずです。そもそも男性がすべてニキビ肌かといったら、そんなこともありません。

ニキビは男性ホルモンが多いからできるとか、血中の男性ホルモンの濃度を下げれば治るとか、そう単純なものではありません。ニキビができる原因は複雑なので、とにかく生活習慣の改善とスキンケアの見直しが先決になります。

Q. 皮膚科で受けられるニキビ治療とは?

A. 主に飲み薬、塗り薬、漢方薬などの処方になります
皮膚科では主に、飲み薬(抗生物質やビタミン剤)、塗り薬、漢方薬などの処方があります。慢性化した大人ニキビがの場合、塗り薬だけで治すのは難しいのです。なぜなら毛穴の出口がふさがっている状態なので、塗り薬が毛穴の奥まで浸透しないからです。なので、ビタミン剤や抗生物質などの内服薬を併用するのです。

また、ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れが関係しますので、それを整えたり皮膚の免疫力を高めたりする漢方薬を処方することもあります。そのほかには、ニキビをできるだけ早く治し、陥没や色素沈着などのニキビ跡を残さないようピーリングをしたり、ビタミンC誘導体のイオン導入を組み合わせたりもします。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です