Vol.50 乾燥肌の強い味方

刺激が少ないファンデーション
パウダーファンデーションは肌に負担がかかる添加物が少なく、アレルギーを起こすおそれが少ないので、乾燥肌や敏感肌になっているときは安心なのです。

リキッドやクリームタイプには、粉体を液体の中に分散させるために界面活性剤を使っているほか、水分を含んでいるので防腐剤も入っています。そのため、肌への刺激になりかねないのと、メイクを落とすときも、肌に密着しているぶん、落としにくく負担がかかります。

肌に負担をかけないために
パウダーファンデーションの方が、肌が乾燥しそうな気がしますが、セラミド入りの美容液などをつかって、ベースケアをしっかりしていれば、問題はありません。メイクも落としやすいので、肌にかかる負担も少なくてすみます。

乾燥肌には肌への負担が少ないパウダーファンデーションがオススメということになります。
 

肌のうるおいは食事から

肌の乾燥が気になるときに、積極的に補給したい栄養素はビタミン類です。とくに肌にうるおいをもたらすビタミンAは必須です。
ビタミンAは、本来のみずみずしく、すこやかな肌の状態に近づけ、ターンオーバーを調整して、新しい肌を生み出すサポートをします。

ビタミンと鉄分
ビタミンAは、鶏のレバーや緑黄色野菜に豊富に含まれています。
また乾燥肌は、血行不良によって代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れた結果、起こることもありましすので、血行を促す働きのある鉄分をとって、適度な運動も心がけましょう。

ビタミンA
鶏のレバーやうなぎに豊富に含まれており、次いで、モロヘイヤやにんじん、とうみょう、春菊、ほうれん草、かぼちゃ、大根の葉、ルッコラ、にら、かぶの葉、菜の花、ちんげん菜などにも多く含まれています。

鉄分
レンズ豆や鶏のレバー、高野豆腐、ひじき、しじみなどに豊富に含まれており、次いで、あさりやがんもどき、納豆、きざみ昆布、小松菜、ほうれん草などにも多く含まれています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です