photon graphics

vol.1 一番大事なことは「観る」こと

第一回目のお話は一番重要な「観る」のお話ししていきたいとお思います。

写真撮影は絵画と同様に「観る」ことから始まります。
“何だ!そんな話かよ”って思われた方は、どうぞご遠慮なくご退場下さいませ。

「観る」とは観察、洞察、考察することで、「どうするか?」を決定する判断材料となります。
写真撮影で言うところの「どうするか?」とは、もちろん構図、露出、タイミングになります。

具体的な決定内容は百人十色、千差万別ですが「観る」行為に限って必ず一番最初にありますので、観ないでから撮る事は無いのです。

また、最近では”解”だけを求めている方も多いようなので、「自分の目で観て認識する」を付け加えさせて頂きます。

つづく

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です