vol.2「具体的に何を観ているのか?」

第二回目のお話はでは「具体的に何を観ているのか?」のお話ししていきたいと思います。

最終的にシャッターを切るまでの間に決めておくことは、露出、構図、タイミングとなります。が、それを決定するためにより良く観ておくことです。
具体的には「心が躍る瞬間」から「状況」「光源」「構図・アングル」「表情」を観ています。
“何だ!そんな話かよ”って思われた方は、どうぞご遠慮なくご退場下さいませ。

ビルと川の写真

先ずは「現状」です。
状況、状態とは、今、目の前で何か起こっているのか?をよく観て判断することです。
主題、副題、背景、日加減、陰影など…

何を撮りたいのか?どう撮りたいのか?今、撮るのか?少し待つのか?

自分と対話をしながら決めていきます。

つづく…


photon graphics

vol.1 一番大事なことは「観る」こと

第一回目のお話は一番重要な「観る」のお話ししていきたいとお思います。

写真撮影は絵画と同様に「観る」ことから始まります。
“何だ!そんな話かよ”って思われた方は、どうぞご遠慮なくご退場下さいませ。

「観る」とは観察、洞察、考察することで、「どうするか?」を決定する判断材料となります。
写真撮影で言うところの「どうするか?」とは、もちろん構図、露出、タイミングになります。

具体的な決定内容は百人十色、千差万別ですが「観る」行為に限って必ず一番最初にありますので、観ないでから撮る事は無いのです。

また、最近では”解”だけを求めている方も多いようなので、「自分の目で観て認識する」を付け加えさせて頂きます。

つづく

beauty graphics

Vol.1 Hello Skin Care.

こんにちは。今日から私が学んでいくスキンケアの話をしていきたいと思います。

お話ししていく内容は大きく分けると3つになります。ベース、ピンポイント、食事についてです。

テキストに選んだのは高橋書店から出版されている正しいスキンケア辞典です。どうぞ一緒に学んでいきましょう。