「BEAUTY GRAPHICS」カテゴリーアーカイブ

Vol.104 美容医療ナビゲーター 1

セルフケアで肌の悩みが解決しない場合には、医師の管理下で行われる美容医療を受けるのも選択肢の一つです。ここで代表的なものをご紹介しますが、受けられる治療や費用などは医療機関によってさまざまなので、充分に説明を受けたうえで検討してください。

レーザー

光をあててシミやアザを除去
特殊な装置で発生させた光を、患部に照射する治療です。正常は部分の皮膚は傷つけずに目的の部分だけを焼いて除去します。シミやアザ、ホクロなどに有効です。

照射する瞬間に、ゴムをバチんとはじいた程度の痛みがありますが、一瞬で終わります。ただし、アザやホクロなどの深いものを治療する場合には、やや強い痛みがともなうともあるので、麻酔を使うこともあります。

費用と治療期間
シミのタイプや大きさ、使用する機器にもよりますが、シミ1カ所につき5,000円〜が目安です。一回ですむものもから、5回以上くり返し行うものもあります。
 

フォトフェイシャル

広い波長の光で複数の肌トラブルを解消
気になるところだけスポット的に治すレーザー治療に比べて、顔全体にソフトな光線をあてるのがフォトフェイシャルの特徴です。シミやシワ、赤ら顔など複数の肌トラブルに作用します。ただし、シミへの効果はレーザー治療と比べると若干劣ります。

レーザー治療同様に、照射した瞬間は輪ゴムで軽く弾かれるような感覚があります。最近ではこのようなタイプの光治療器が、いろいろと開発されています。

費用と治療期間
医療機関によっても異なりますが、1クール(5〜6回)で10万〜30万円が目安です。3〜4週間おきに5〜6回照射します。術後シミの部分だけが、かさぶたになることもありますが、はれたりすることもなく、メイクして外出も可能です。
 

ケミカルピーリング

厚くなった角質をはがし新しい皮膚を再生
一種の酸を塗ることによって、皮膚の角質をはがし、新しい皮膚を再生を促す治療です。コラーゲンが増えるのでシミやたるみ、たるみ毛穴などに有効です。余分な角質を取るので、毛穴のつまりやニキビ予防にも効果的です。

皮膚科では市販品より強力な酸を用いますので、多少のピリピリ感をともないますが、効果も実感しやすいのが特徴です。肌の状態を見ながら、酸の種類や濃度などを調節します。

費用と治療期間
一回5,000円〜2万円程度までと、かなり幅があります。1万円前後が一般的です。きちんとした効果を出すには、2〜4週に一回、計5回以上受ける必要があります。多少赤くなることもありますが、即日メイクして外出が可能です。はれることもありません。
 

ヒアルロン酸・コラーゲン注入

法令線対策のスタンダード
シワの部分にそってヒアルロン酸やコラーゲンを注入して、肌をふっくらさせて目立たなくさせる方法です。とくに皮膚の深い層に原因がある法令線などに向いていて、注入したものはいずれ吸収されてなくなります。

コラーゲンはタンパク質に一種なので、ごくまれにアレルギーが出ることもあります。一方、ヒアルロン酸は糖の一種なのでアレルギーの心配はありません。

費用と治療期間
左右の法令線に注入した場合、コラーゲンで5万円程度。ヒアルロン酸で7万円〜が目安となります。注入にかかる時間は15分程度です。術後にはれることはほとんどなく、即日メイクが可能です。一度の注入で半年くらい効果が持続します。

つづく…

Vol.103 アトピー性皮膚炎の悩み Q&A

Q. 生活環境が変わったせいか、一年ほど前から急にアトピー性皮膚炎になりました。かゆみがひどいのですが何か対策はありますか。

A. 皮膚科医の指導のもと薬でコントロールしながら、できる限り生活改善をしましょう。

大人になってからアトピー性皮膚炎を発症する人が増えています。顔に症状が出るのが特徴で成人型アトピー性皮膚炎と呼ばれています。

とくに成人型の場合、残業が続いたら急に症状が出るなど、睡眠不足やストレスとの、密接な関係があると考えられています。まずは早寝早起きを心がけて、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

皮膚科では、かゆみ止めの飲み薬と、ステロイドの塗り薬を中心とした治療をします。かゆみに対してはステロイドが効きますが、長期間大量に使うと、皮膚が薄くなてしまうなどの副作用があります。ただし、まったく使わないとかきむしってしまい、よけいに悪化することもあります。皮膚科医の指導のもと、適量の薬で抑制することが大切です。また、漢方薬が有効な場合もありますので、漢方を取り扱っている病院に相談するのもいいでしょう。
 

アトピー性皮膚炎に使われる漢方
アトピー性皮膚炎は、遺伝的な体質が関係しています。一度治ったと思っても、不健康な生活が続くと再発する恐れもあります。漢方では、かゆみの表面的な症状を緩和するものと、根本的な体質改善を行う二つの方法で治療します。

表面的な症状をとる代表的な漢方は、幹部がジュクジュクしている場合には「越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)」「消風散(ショウフウサン)」などの石膏を含むものを用います。顔と首の赤みや熱感が強いタイプには「白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)」「黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)」などを用います。熱感がなくてカサ傘している場合には「」などの血液を補うものを用います。

根本的な体質改善には、ストレスが強い人には気のめぐりをよくする処方をし、血行が悪い人にはそれを改善する処方をするという選択をします。

成人型アトピー性皮膚炎は、とてもデリケートな治療になりますので、信頼できる漢方医と皮膚科医を探して、漢方と西洋医学を併用しながら根気よく治療を続けることが大切になります。

VOL.49 ひどく乾燥したらを参照してね。

Vol.102 かぶれやすい敏感肌の Q&A

Q. 化粧品などがかぶれやすく、敏感肌だとおもうのですが、どんなケアがいいのでしょうか。

A. みずから敏感肌をつくっている場合も多いのですが、低刺激の化粧品を使うようにしましょう。

実は敏感肌には二つのタイプがあります。間違ったスキンケアによってみずから敏感肌を招いているタイプと、生まれながらの肌質によるタイプの人です。そして前者に該当する人が思いのほか多いようです。

間違ったスキンケアが肌を敏感にさせる
間違ったスキンケアは、肌をあらしたり乾燥させたりする原因となります。それにより、角層のバリア機能が低下して、外からの刺激を受けやすくなり、肌が敏感になってしまいます。この場合は、正しいスキンケアをすることで改善することができます。

間違ったスキンケアとは、クレンジングのやりすぎや、肌に負担となる日焼け止め化粧品を塗ること、合わない化粧品を使い続けることなどをさします。また、寝不足などの不規則な生活は、肌の抵抗力を低下させてしまい、デリケートな肌の状態を作り出しますので気を付けましょう。

低刺激の化粧品と、シンプルなスキンケアアイテム
生まれながらの敏感肌とは、もともと肌が薄かったり、乾燥しやすかったり、外からの刺激に対して、過剰に反応しやすいなどの特徴があります。

普通の人が刺激と感じない程度の刺激に反応します。たとえば、髪が触れるだけでかゆいとか、化粧品に含まれるほんのわずかなアルコールでかぶれて赤くなるといったものです。

このような場合には、低刺激の化粧品を使って、スキンケアのアイテムもシンプルにして、何品もつけるのは避けましょう。

生理前や寝不足のときなど、一時的に敏感になる人もいますので、その場合にはクレンジングを使わずに、石けん洗顔のみにしましょう。洗顔後は、保湿美容液だけをつけます。メイクなどは軽めのルースパウダー(粉おしろい)やパウダーファンデーションなどを使うようにしましょう。

Vol.101 赤ら顔の悩み Q&A

Q.季節を問わず頬が赤いのですが、解消する方法はありますか。

A.赤ら顔のタイプによっては、スキンケアで緩和できます。

肌の赤みにはいろいろな原因がありますが、まずは、色白肌に多い、生まれつきの赤ら顔のタイプです。熟した桃のようにほんのりと赤いのが特徴ですが、これはスキンケアで緩和することは難しいです。年齢とともに自然と赤みが薄くなってくることもあります。

次に、「脂漏性皮膚炎」による赤ら顔のタイプです。オイリー肌で毛穴が大きめの人によくみられます。ビタミンC配合の化粧水を使ったり、ビタミンCをイオン導入したりすると改善できますが、体質的なこともあり、完治するのは難しいようです。

また、ニキビ跡の赤みが残ってしまい、赤ら顔に見えるタイプもあります。これは、3〜5年で消えていく可能性もありますが、気になる場合は、脂漏性皮膚炎と同じケアが有効になります。

たたいたり、こすったりした刺激によって毛細血管が開き、赤ら顔になってしまうタイプのありますが、これはレーザー治療でないと改善は難しいようです。

いずれのタイプも急な温度変化などの刺激を加えないことが大切になります。
 

Q.小鼻のまわりの赤みが気になります。

A.脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。

小鼻のまわりの赤みが気になる人も多いですが、これは脂漏性皮膚炎の一種になります。鼻まわりは皮脂が多いため、誰にでもみられるものなので病気ではありません。気になる人はビタミンC配合の化粧水を使ったり、ビタミンCをイオン導入したりすると改善できます。あぶらとり紙を使って、こまめに皮脂を取るのも大切です。

Vol.100 お肌のゴワゴワ Q&A

Q.空気の乾燥のせいか、肌がゴワゴワしています。化粧品も浸透していない感じがします。

A.ピーリングと保湿で対応しましょう。

肌がゴアゴアしているのは、乾燥してしまった角層が厚くなっている状態です。角層は外部からの刺激から肌を守る役割を果たしています。乾燥して角層のバリア機能が低下すると、肌を守ろうとして厚くなってしまいます。肌の内部で新しい角層を急いでつくろうとするため、未熟な角質細胞ができてしまいます。この未熟な角質細胞がどんどん積み重なってゴワゴワした感触になるのです。

保湿をするのが解決策ですが、まずは角層の状態をリセットするのが先になります。厚くなった角層をピーリングで取り除くのが有効です。ただし、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などをともなう場合はやめておきましょう。

Vol.99 肌タイプ診断とケア

肌タイプの診断方法

肌のタイプは水分が多い少ない、皮脂が多い少ないによって、大きく4つのタイプに分けられます。朝起きたら、洗顔をする前にUゾーンの肌に触れてみてください。あなたはどのタイプに当てはまりますか?

・べたっと全体に皮脂が浮いて、乾いた感じはまったくない。
  →オイリー肌

・ベタつくところは多いけど、ところどころカサつく。
  →オイリードライ肌

・ベタつきも、カサつきもほとんどない。
  →ノーマル肌

・全体にカサカサしてつっぱる感じがする。
  →乾燥肌
 

肌タイプごとのスキンケア

オイリー肌
毎日洗顔で皮脂をスッキリ落として、オイルカットの保湿美容液などを使いましょう。

日中はあぶらとり紙皮脂を押さえて、浮き出た皮脂をしっかり取ります。ティッシュを使うと繊維が肌に残って、刺激になることがありますので避けましょう。また、皮脂の取りすぎを気にする人もいますが、あぶらとり紙では取りすぎになるほどは取れませんので、ご安心ください。

テカリや化粧くずれを防ぐには、ルースパウダーをファンデーションの上から重ねるのがオススメです。メイクの落ちてきた部分を中心に、パフで軽くのせて整えましょう。

また、ストレスや寝不足で皮脂が増えることもありますので、生活習慣の乱れにも気をつけましょう。

オイリードライ肌
皮脂ばかりが多くて水分が少ないオイリードライの場合には、テカリがよけいに目立ちます。ケアの方法はオイリー肌と基本的には同じですが、大切なのは肌の水分を増やす保湿ケアとなります。皮脂だけが浮いて目立つのを緩和することができます。

ノーマル肌
今の肌をキープできるように、水分を増やす保湿ケアを怠らないようにしましょう。

乾燥肌
油分を与えるよりも、水分を増やす保湿ケアを徹底しましょう。
 

ほとんどの人が混合肌

TゾーンとUゾーンの肌質が違うことを混合肌と呼ぶことが多いようですが、じつは混合肌というタイプはありません。一般的にTゾーンはベタつき、Uゾーンはカサつく傾向にあるからです。顔全体がオイリー肌など一部の人をのぞけば、ほとんどの人が混合肌ということになるのです。

スキンケアのポイント
混合肌の場合、お手入れの方法で迷った場合には、Uゾーンに合わせるようにしましょう。Uゾーンの肌は弱くて乾燥しやすいので、洗い方や保湿は慎重におこなった方がいいからです。また、個人差が多いこともありますので、自分の肌に合うスキンケアもまちまちです。まずは、Uゾーンを基準にした化粧品を選ぶようにしましょう。

一方、Tゾーンは皮膚が丈夫なので、どうしてもテカリが気になるようでしたら、洗顔後は何もつけないでも大丈夫です。つけすぎはニキビのもとになる恐れもあります。額の皮膚は医学的には頭皮の一部になりますので、頭皮と同様に洗いっぱなしでも大丈夫ということです。